カテゴリ: 豆知識、ニュース記事

いろいろ悩んだ末、ふるさと納税をやりました!

ほんと各自治体、いろんな返礼品を用意しているのでかなり迷いました(>_<)



で結局、もらう予定の返礼品は、、、





お米。

トイレットペーパー。

箱ティッシュ。

リンガーハットのお食事券。



にしました(*´∀`)♪



・・・なんて面白味のない、現実的な返礼品ばかりなんでしょう(笑)


どんな返礼品を選ぶかにその人の正解が現れますよねf(^_^;


でもふるさと納税って、

例えば4万円やれば、3.8万円税金が安くなる上に返礼品がもらえるわけだからめちゃくちゃ得ですよね!!


ただ、所得によってふるさと納税で得できる金額が違うから、それを計算しないといけないのと、確定申告しないといけないのが手間ですが。。

でも、限度額はネット上でだいたい計算できるし、
糖尿病患者になったおかげで医療費控除受けるために確定申告どうせしないといけないから、別に負担じゃないっていうねf(^_^;

お金のやりくり的にもクレジットカードでふるさと納税できるから、いまやれば賞与をふるさと納税の支払に充てられるし。



あとは返礼品が届くのが楽しみに待つだけです(*´ω`*)





◼️木曜日

《血糖値》
朝食前・・・・92mg/dL
夕食前・・・・77mg/dL

《記録》
朝食前体重・・63.9kg
カロリー・・・1920kcal
歩数・・・・・14082歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・0セット
腕立て伏せ・・0セット
腹筋・・・・・2セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回



糖尿病的にあまり関係ない話ですが、、、


糖尿病になって、毎月一万以上の医療費がかかるようになったので、
生活費の節約や税金の節税に取り組む重要性がとても増しました!!


そこで、注目なのがふるさと納税。


制度の趣旨を考えたら、地元や縁が深いところに納税すればいいんでしょうが、

やっぱり返礼品でどこに納税するか選んでしまいますね(>_<)



で、返礼品。

いまいろんなものがもらえるんですね( ; ゜Д゜)


だからとても迷ってます(;´д`)



糖尿病じゃなかったら各地の美味しいものがもらえるとこにするんですが、
生活費の節約に貢献できるようなものが貰えるところがいいなと思ってます!

なので、とりあえずお米20キロもらえるところに1ヵ所やりました!

あとまだ何ヵ所かやろうと思ってます。

どこかおすすめな納税先知っていたら教えてください(笑)


今のところトイレットペーパーや箱ティッシュ、お米が貰えるとこ数ヵ所に、ふるさと納税して損しないぎりぎりまで納税しようかなって思ってます。


こういうのってこうやって選んでるさいちゅうがいちばん楽しいですね(ノ´∀`*)






◼️水曜日

《血糖値》
朝食前・・・・84mg/dL
夕食前・・・・76mg/dL

《記録》
朝食前体重・・63.8kg
カロリー・・・1710kcal
歩数・・・・・13745歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・5セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・5セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回



◼️木曜日

《血糖値》
朝食前・・・・84mg/dL
昼食前・・・・88mg/dL

《記録》
朝食前体重・・64.0kg
カロリー・・・1710kcal
歩数・・・・・13744歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・5セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・5セット
背筋・・・・・5セット
※1セット20回



◼️金曜日

《血糖値》
朝食前・・・・80mg/dL

《記録》
朝食前体重・・63.8kg
カロリー・・・2060kcal
歩数・・・・・14019歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・5セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・0セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回



◼️土曜日

《血糖値》
朝食前・・・・85mg/dL
昼食前・・・・81mg/dL

《記録》
朝食前体重・・63.6kg
カロリー・・・2630kcal
歩数・・・・・22742歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・0セット
腕立て伏せ・・0セット
腹筋・・・・・0セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回






夕方のテレビで重度の糖尿病の人が、スリーブバイパス手術っての受けたら、普通の食事しても、薬なしで血糖値が安定してた!!
インスリン注射しててA1cが8台だったのが手術後薬なしで5台!

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/you/smp/shinryojo/post_144248






なんで??


バイパス手術したら糖尿病治るの???


バイパス手術だから、糖質が体内で吸収されにくくなって血糖値が上がりにくくなるのかなって思ったけど、肝臓での糖新生とかにはあまり関係なさそうなのになんで重度の糖尿病患者が薬なしで血糖値が安定するようになるんだろう??


なんかよくわかりませんが、いいなーって思いました(ノ´∀`*)
だって糖尿病が完治したのと変わらないじゃないですか!



でも手術代200万円・・・。







◼️日曜日

《血糖値》
朝食前・・・・78mg/dL

《記録》
朝食前体重・・64.2kg
カロリー・・・2490kcal
歩数・・・・・25953歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・0セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・0セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回



◼️月曜日

《血糖値》
朝食前・・・・81mg/dL
昼食前・・・・83mg/dL
夕食前・・・・75mg/dL

《記録》
朝食前体重・・64.0kg
カロリー・・・1610kcal
歩数・・・・・14763歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・5セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・5セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回




◼️火曜日

《血糖値》
朝食前・・・・82mg/dL
昼食前・・・・84mg/dL

《記録》
朝食前体重・・63.6kg
カロリー・・・1710kcal
歩数・・・・・13572歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・5セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・2セット
背筋・・・・・0セット
※1セット20回


糖尿病の治療は、運動療法と食事療法と薬物治療がありますよね。

運動療法はレジスタンス運動と有酸素運動がありまます。
食事療法は医学会で推奨されているカロリー制限と、エビテンスが不足しているがいま人気の糖質制限があります。
薬物治療は経口薬と自己注射薬に分類された上で、効能や作用する場所ごとにさらに細かく分けられます。

なので、組み合わせはほぼ無限大。
性別や年齢、すい臓の状況によって、どれも合う合わないがあるし、自分にとって最適な治療法を探すのは大変です。毎日が試行錯誤です。

そんな中、とりあえず自分は薬はビクトーザで、食事はカロリー制限、運動療法を中心にやっています。


で、以前から思うんですが、ビクトーザを知らない糖尿病の医療関係者が多い気がします。


眼科の診察時。『ビクトーザってなんですか?インスリン?』


病院にて処方箋をもらう会計時。『インスリンの処方箋が出ていますので薬局に行ってください』


薬局にて薬剤師から薬の処方を受けるとき。『インスリンの打ち忘れはないですか?』


・・・。

似たようなものだから別にいいんですが、
あんたらプロなんだから、インスリンとビクトーザとは全然効用違うことを知らないんだろうかと突っ込みたくなりますf(^_^;


形は似てるし、針もおなじだけど、インスリンとビクトーザって全然違うんですよ。

ヒューマログやアピドラ、ランタス、トレシーバは、即効タイプか持効タイプかの違いはありますが、インスリンです。

それに対してビクトーザは、飲み薬のジャヌビアやネシーナと同じインクレチン関連薬です。
血糖値が80mg/dLを下回ると作用しなくなるので、インスリンと比べたら低血糖リスクがとても低いです。


それでいて、血糖値測定が保険適用なので、
ジャヌビアやネシーナを服用していたり、インスリンの投与数が少な目なら、ビクトーザの方がいいんじゃないかと、素人的に思うんですが、どうなんでしょう??

ビクトーザは、心疾患の死亡リスクの軽減効果や、食欲減退効果もあるみたいだし、低血糖リスクや血糖値測定の保険適用を考えたら、もっと世の中ビクトーザが広まってもいいのになあと思ったりします。


自分もこの先、ビクトーザを卒業できると言われても、同じインクレチン関連薬のジャヌビアやネシーナになるくらいなら、血糖値測定に保険適用が効くビクトーザを続けた方がいいのかなと今は思っています。


なんか話がそれてしまいました(>_<)


ようはビクトーザはインスリンと違うってことと、
今の自分の血糖値の安定は、ビクトーザのおかげだってことがいいたいわけですよ。
ビクトーザになって以降、食後高血糖にならないし、低血糖にもならないので。



かなり脱線しましたが、今の治療方針をおさらいします!

①食事療法として1日の総カロリーを1600kcalとし、そのうちの45%を炭水化物としたカロリー制限。
※総カロリー量=身長×身長×22×27=1.64×1.64×22×27=約1600kcal

まあ、ほとんど守れてないですが(ノ´∀`*)



②運動療法として1日1万歩以上の有酸素運動。

これはほぼ達成できてる。



③運動療法として無理のない範囲の筋トレを中心としたレジスタンス運動。
具体的には腹筋、背筋、腕立て、スクワットを100回以上。

これもだいたいできてる。



④ビクトーザを毎朝0.3mg自己注射。

本当はビクトーザって0.9mgなんですが、血糖値が安定しているのでいまは0.3mgで許可を得てます(^o^)



ということで、食べ過ぎた分を運動でまかなっている感じとなっています(>_<)

でもこれが自分にはあってるんだと思います(≧∇≦)

まだまだ試行錯誤の毎日ですが、これからも糖尿病生活を楽しく頑張りたいと思います(*≧∀≦*)




■火曜日

《血糖値》
朝食前・・・・90mg/dL
昼食前・・・・99mg/dL
夕食前・・・・99mg/dL
夕食後・・・・117mg/dL(食後2時間後)

《記録》
朝食前体重・・64.8kg
カロリー・・・1610kcal
歩数・・・・・14766歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・15セット
腕立て伏せ・・10セット
腹筋・・・・・5セット
背筋・・・・・5セット
※1セット20回



■水曜日

《血糖値》
朝食前・・・・83mg/dL
夕食前・・・・82mg/dL

《記録》
朝食前体重・・64.6kg
カロリー・・・1820kcal
歩数・・・・・16155歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・20セット
腕立て伏せ・・5セット
腹筋・・・・・5セット
背筋・・・・・5セット
※1セット20回



■木曜日

《血糖値》
朝食前・・・・83mg/dL
昼食前・・・・101mg/dL
夕食前・・・・103mg/dL

《記録》
朝食前体重・・64.4kg
カロリー・・・1830kcal
歩数・・・・・8083歩

《食後の筋トレ》
スクワット・・23セット
腕立て伏せ・・セット
腹筋・・・・・セット
背筋・・・・・セット
※1セット20回




以下、日経メディカルの記事を引用します↓↓

『虚血性心疾患で経皮的冠動脈インターベンション治療PCI)を行った糖尿病患者のその後の心血管死亡リスクは、ベースライン(PCI施行時)のHbA1cが6.5~7.5%だった患者が最も低く、5.5%未満の患者は9.5%以上の患者と同等のリスクだったと、第65回日本心臓病学会学術集会(9月29日~10月1日、開催地:大阪市)で順天堂大学循環器内科の岩田洋氏らが発表した。・・・(中略)・・・岩田氏は、「HbA1cだけを標的とした糖尿病のコントロールは心血管死亡を減少させない可能性があり、その要因の1つとしてHbA1c低下を目指した厳格な介入に伴う低栄養が考えられる。糖尿病患者の予後改善を目指した管理にあっては、血糖だけでない包括的な介入が必要だ」と指摘した。』

↑↑↑引用終わり


自分みたいな糖尿病患者は、つまるところ合併症にならないために食事や運動を頑張っているわけですよ。

でもこうしてたまに血糖管理が厳しすぎると死亡リスクが上がるみたいな記事を目にすると、
じゃあ何のために食事や運動頑張ってるんだろうって考えてしまいます(>_<)

いったい、合併症を考えると、A1cはどれくらいがいいんでしょうね。

前に眼科の先生に聞いたら、眼科的には血糖管理は7%台でいいって言われました。
この記事をみると心筋梗塞的にも7%前後がよくて、5%台だと逆にリスク上がるみたいですよね。

たぶん背伸びしてというか、食事とか運動とかを普通に頑張っての結果のA1cが低いのならいいんだと思いますが、
普通に頑張ったらもっとA1cが高い人が極端な食事制限や過度な運動、多量の薬で無理やり下げるとよくないってことなんでしょうかね。。


結局、頑張った結果、血糖値やA1cが高いのはしょうがないって思うことが大事ってことなのかなって思いました!



↑このページのトップヘ